NPO法人ひまわり会について

ひまわり会のはじまり

就労継続支援B型 わーく・ひまわり

平成8年、精神科を退院した人たちの憩いの場所「作業所」として職員一人、利用者一人の活動がはじまりました。方向が定まらず、力なくうなだれる毎日が続く中、上を向く花「ひまわり」の名の付く「ひまわり共同作業所作業所」としてスタート。その後、多くの障がいのある方の働く拠点として活動をしています。 利用者が増えて、2つ目の作業所を作った平成14年、「特定非営利活動法人ひまわり会」を設立。慢性的な資金不足と蛇行を繰り返し、平成19年から障害者自立支援法による「就労継続支援B型事業所」へ移行。事業活動の強化と、当事者メンバーの「働きたい」気持ちを「わーく・ひまわり」という名前に込めて、仕事と地域との交流の毎日を続けています。 平成20年に活動場所を現在地に移転。現在、利用者、職員含め30名弱の人数で日々活動しています。

◆わーく・ひまわり


札幌市豊平区美園2条6丁目6-15
TEL 011-813-5999
FAX 011-813-6299
「はたらく」事を目的に、色々な事業にチャレンジしています。「一人一人と環境にやさしい」を理念として、下請などの内職作業、クロネコヤマトDM便配達、ポスティング、「EMボカシ」を活用した生ごみ削減事業や、リサイクル事業としてアルミ缶の回収、冬の高齢者や障がい者のための福祉除雪などを行っています。 近頃は堆肥化した生ごみを活用して農作物の栽培に取り組んでいます。 さっぽろわくわく商店街HPにも掲載

◆第1出張所 エコ・ひまわり


札幌市厚別区厚別東5条3丁目24
EMボカシ製造の拠点です。 また、アルミ缶の圧縮作業場も設けています。